『べルサイユのばら』第2弾は無論アンドレです。

オスカル様には薔薇を持たせましたので
今回は花弁を散らせてみました。
花弁散るその向こうにある薔薇の華、
身分違いの愛しい彼女を眩しそうに見つめているアンドレ・・・・。
男でも女でも、「尽くす姿」には
なんか色気を感じます。(落ち着け)
彼が失明する原因となる傷を負った時ですら
「これがオスカルの目でなくて良かった」て言うシーンが大好きです。
   




広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット